【コンサルQ&A】レメディーを注文するのが遅くなって、ほとんど摂取できていないのですが…

 

初回コンサルを受けられて、2回目の予約をされていた方からのご質問です。

Q.レメディーを注文するのが遅くなり、届いてからもしばらく置いたままにしてしまってあまり摂取できていないのですが、コンサル日時を延期してもいいでしょうか?

A.最初の3ヶ月はとても重要な時期です。できるだけ予定通り(1ヶ月おき)に、コンサルをお受けください。

私たちの身体にとって、今までにない新しい意識や習慣を定着させることは、頭で考えるほど簡単ではありません。

なぜなら恒常性の維持(ホメオスタシス)といって、自分にとって心地の良い状態を維持しようとする機能が、私たちの身体にはあるからです。進化向上できる可能性よりも、今の安心安全を守り抜くことを優先する保身の力。その機能ゆえ、(意識的にも無意識的にも)心身にいろいろな抵抗が生じるのは、ある意味、自然なことと言えます。

では、どうしたら新しい意識や習慣を、身体へ定着させ、変化を促すことができるのでしょうか?

人間の身体は、約3ヶ月間、新しい意識(司令)や習慣(行動)を与え続けると、その環境を受け入れ、自らを馴染ませ共存するということが起こります。これを「免疫寛容」と言います。

※免疫=自己と非自己を識別し、自己を守る身体の働き。
※寛容=ゆるし、受け入れること。

逆に言えばそうした免疫寛容が起こる3ヶ月までの間は、いつでも新しい意識や習慣を「今までの自分とは異なるもの(非自己)」と認識し、隙あらば追い出そう、やめてしまおうとする力が働き続けています(ホメオスタシス)。

このような身体の仕組みを理解できると、あなたが何か意思を持って、自分の身体に新しい方向づけをしたければ、少なくとも最初の3ヶ月間は同じ方向性の力(声、波動)を、与え続ける必要があるということが理解ができるのではないでしょうか。

ということで、今、感じている問題や悩みを、自分の内側から方向転換するためには、【まずは3ヶ月、失速せずに続けてみる】。ぜひやってみてください。

 

さてその上で、ようやくご質問への回答(長いな、、)

「レメディーを注文するのが遅くなりあまり摂取できていない。だからコンサルを延期したい。」

その、生じたことをそのまま、認識します。ホメオスタシスによる抵抗から生じる自分の行動を、冷静に見つめるのです。

  • レメディーをすぐに注文しなかったのはなぜだろう?
  • 届いても放置し、摂取をしなかったのはなぜだろう?
  • コンサルを延期した方がいいと思ったのは、なぜだろう?

状況は本質的な理由ではありません。そこには必ずや、そうした方が自分にとってメリットがある、なんらかの「無意識の目的」が働いています。

その目的が、あなたの問題を作り出しているのかもしれないと、考えてみることはできるでしょうか?

コンサルでは、あなたから出てくるものすべてを症状と捉え、アプローチを進めていきます。

症状とは、身体に出るものだけではありません。

あなたから出てくるあらゆる行動も、とても大切な症状(傾向)であり、今あなたが抱えている問題や悩みを作り出している、根本的な原因につながっています。

つまり、それらを認識することは、今の問題を解決する大切な糸口となります。

せっかく出てきた糸口を、頭で考える「都合」で取り繕い、隠し(ごまかし)てしまうことほど、もったいないことはありません。

取り組もうと決め行動したその自分自身の思いや勇気を、ちゃんとちゃんと大切にして、実りある変化につなげていきましょう。

自ら起こる内側からの治癒(自己治癒力)とは、そういうことです。

ちょっと難しく書いたけれど、大丈夫。

うーん。。。と思いながらでも続けていれば、いつの日にか、体感するから^^

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です