4/29(土)【選び方マスター講座】「1−10、医療の選び方」

健康のことで困った時に
「病院」以外の選択肢もあるよ、と知っている方は
嬉しいことに、少しずつ増えてきました

じゃあ、実際に

痛い、痒い、食べられない、眠れない
熱がある、咳がある、嘔吐がある
できものがある、しこりがある、発疹がある
心臓がドキドキする、血液検査の結果が悪い、臓器の数値が悪い
病名を告げられた、手術を勧められた
怪我をした、骨折した

となったその時

「病院での治療」を受ける以外に、いったいどんな具体的な医療を
自分でちゃんと選べる程度に知っているのか?というと

意外と知らず、おろおろし、

「選択肢がなかった」

とおっしゃる場合がほとんどなのが現状です

 

たとえば
西洋医学と対比して
東洋医学という言い方があります

代替医療という言い方もあります

これらの言葉を知ったばかりの方の中には
西洋医学以外は、みんな同じだと思っていたり

また、代替医療=東洋医学
といった認識の方もいらっしゃいます

しかし医療にはもちろん、いろんな種類があり
それぞれに特徴があります

この世のどんなものでもそうであるように
医療にだって、
強み(メリット)と、弱み(デメリット)があるんです

それを「東洋医学」や「代替医療」と一括りにしてしまうために
困っているその状態に必要なチョイスができず

西洋医学以外は全部効かない
やっぱり病院でしか治せない

という判断になってしまうことが、少なくありません

 

わたしは小さい頃から
皮膚科通いと精神科通いを長くし、
西洋医学どっぷりの人間でしたが

精神薬を断薬して以来、
様々な症状に苦しんだことから

・鍼灸
・漢方薬(細粒ではなく煎じ薬)
・カイロプラクティック
・オステオパシー(クラニオセイクラル)
・ホメオパシー
・ヒプノセラピー
・フラワーエッセンス
・アロマセラピー
・ハーブ療法

と、結構な医療を、
それぞれ継続的に受けてきました

おかげさまでいまは、
時々セルフケアをするくらいで
ほとんど医療の必要ない”心身”になりましたが

自分自身が辛い症状を持っていたその時に
実際に様々な医療を試したことは

治療家になった今、貴重な経験となっています

 

わたしは医療を、
人々の死への恐怖に対する「知恵」だと思っています

 

逆に言えば
医療を選ぶときのポイントは

「死への切迫した思いや状況が、どのくらいあるか?」で

切迫度が強い=「待てない」ところから選ぶなら、どれか?
切迫度が低い=「待てる、受け入れられる」なら、どれか?

ということでもあるんですね

 

これは医療に限りませんが

わたしたち人間が
どうやったってどうしようもできないことのNo.1が
「時間」です

なので、もしもあなたが
なんらかの理由で「時間を待てない状況」であれば

その時間を早めるために
力づくでコントロールするしかありません。

ただ、力づくで行ったことは(作用)
かならずその反動(反作用)が起こります。

作用があれば、反作用が起こる

これは、生きているものの当たり前の反応だし
逆に言えば、生きているということ、そのものなんです

なので

その反作用は
生きている限りあとでかならず、引き受けることになります

また、待てない状況になるまで放っておいた時間の「ツケ」も
かならず払うことになります

それだけは、シンプルで当たり前の「自然の摂理」です

 

さて今回の「医療の選び方」は

わたしが実際に受けてきた医療を中心に
「医療をグラデーションで捉える選び方」をお伝えします

 

どんなグラデーション?

「待てない~待てる」へのグラデーションです

 

あなたが

痛い、痒い、食べられない、眠れない
熱がある、咳がある、嘔吐がある
できものがある、しこりがある、発疹がある
心臓がドキドキする、血液検査の結果が悪い、臓器の数値が悪い
病名を告げられた、手術を勧められた
怪我をした、骨折した

となったその時

その症状とあなたの心は、グラーデーションの中で、どこにいる?

1分1秒が待てない緊迫なのか
1日が待てない状態なのか
1ヶ月くらいならなんとか待てるか
1年 腹を決めて取り組めるのか
3年5年7年 腰を据えて眺められるのか

医療の選び方は、まずは、ここからです

 

えーーわたし、絶対待てないーー!
と思われた方も、きっといらっしゃるよね

大丈夫

1分1秒をコントロールしようと
力づくで作用させる精神薬を選んできたわたしでも
「待てる」ようになったから。

自分を知り、医療を知り
先人たちが築いてくれた「命への知恵」を上手に役立て
生を楽しむ心を育てて生きましょう♪

 

 

あ、そうだ最後に

ホメオパスならではのおまけとして

最新の、というか、最古の、ともいえる
「波動療法」についても触れたいと思います

 

メタトロン、スキオ、ニュースキャンといった波動測定器
また、
シリカ・テラヘルツ、クリスタルといった固有の振動・波動を放つ存在が
「生き物」にいったいどんな影響を与えるのか?

これこそが、
星と体質と気質のつながりとも繋がってくるのですが

ま、
見えないけれどね
見えないからね

実際に触れてみて
感じられるものがあるなら、それでいいんじゃないかな♡

いつも以上に意味深に(笑)

あなたという存在に
体温を感じられる距離でお会いできるのを、楽しみにしています

Let’s Simple Life!!

「選び方マスター講座」
~自分と家族の体にいいものを選べるようになる~

「1ー10、医療の選び方」

日時

4月29日(土)13時〜15時【終了】

 

場所

江東区(有楽町線「辰巳駅」徒歩6分)
※詳細はお申し込み時にお知らせいたします

 

講師

菅原笑美子

・JPHMA認定ホメオパス
・JPHMA認定インナーチャイルドセラピスト
・サードメディスンアドバイザー
・ATRウォーターホームケアアドバイザー
・(株)サトルジャパン所属モデル

 

主な内容

・西洋医学(アロパシー)
・鍼灸
・漢方
・カイロプラクティック
・オステオパシー(クラニオセイクラル)
・ホメオパシー
・ヒプノセラピー
・フラワーエッセンス
・アロマセラピー
・ハーブ療法
・日本で受けられる医療のそれぞれの特徴と、グラデーションの位置
・「病院」だけが医療ではない!?
・「薬」が身体にしている本当のこと~医原病
うつは抗うつ剤が原因だった!?薬の作用=副作用
・本当の「治る」って何だろう?
・その症状にはどの医療?~症状別、医療の選び方
・医療もビジネス、患者はお客様
・わたしが病院通いをやめた理由
・わたしがホメオパスになった理由
・「生」とは時間があること
・時間との戦いを強いられる前に

etc…



定員

2~10名

 

お申込み

【終了】

 

お子様連れ

小さなお子様はお連れいただいて構いません
同じフロアにキッズルームもあるので安心です。

 

キャンセルポリシー

お振込後のキャンセルはお受けいたしかねます
止むを得ず欠席の場合は、講座開始時間より前にメールにてご連絡ください
翌月分までの振替が可能です(講座開始後の連絡は振替不可)

チケットは、振替制限はありません
20回内のどこかでご参加ください

 

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です