壁の掃除〜空気の浄化

GW、みなさんいかがお過ごしかな?

わたしは怒涛の3月4月を過ごした後、たまらなく「いい気」に満ちた家と対話をしながら、のんびり幸せな時間を過ごしています。
(この2ヶ月については、おいおいゆっくり綴るとして。。。)

今日は、家中の壁を、水拭き掃除をしていました〜。

水拭きって、汚れはもちろん、家中の気(エネルギー)を浄化してくれるので、とってもおすすめ。

ちおなみにこの水拭き、ただの水ではなくて、実は重曹水なんです。

重曹水とは、1%濃度の重曹を溶かした水のこと〜。

(例)
重曹大さじ1(15g)を、1.5Lの水
重曹大さじ2(30g)だったら、3Lの水

重曹は、多少、多くても少なくても問題ないよ♪食べてしまっても大丈夫な安全なものだし。

ただ、多く入れても掃除効果は変わらないのと、吹いた後に白い粉が浮き上がってきてしまって、もう一度拭かなくてはいけなくなるので、1%までにした方が楽チン。

作るにあたって、大切なポイントは2つ。

1つ目:溶かす水は「お湯」にしましょう。
重曹は、冷たい水には溶けません。(ゆえに天然の研磨剤ともなり得る)
40−45度くらいがおすすめ。(それ以上だと熱くて手が入れられない、笑)

2つ目:雑巾は、ぜひマイクロファイバーの布で!
普通の布雑巾の何倍も楽チンに、するする汚れが落ちます。

ちなみにこの掃除の仕方は、本橋ひろえさんのナチュラルクリーニング講座で教えてもらったもの。
ひろえさんの講座は、%とかpH値とか、女性が苦手とする理科っぽい話も、本当にわかりやすく、すぐ使える形で伝えてくれるの。

暮らしに意識が向き始めた女性は、一度、受けてみるといいんじゃないかなー。
全国飛んで、教えてくださってるってすごいのだ(人気でなかなか予約取れないけど、汗)

これからはほんと、地球にも人の身体にも、自然に優しく生きていたいよね。

昔は、「動物と話をしてる」とか、「石と話をしてる」とか言う人を聞くと
「ほんとかぁ?」「現実逃避じゃないの?」などと思ってたんだけど(ごめん)

わたしも昨今、すっかりいろんなものと、対話をするようになってしまった(笑)

家は、なにより大切な友達というか、同士。

壁も床も空気も、みんな生きてる。
働きかけると、返してくれる。
解放すると、伸びをして喜ぶのがわかる。

すべては暮らしの中にあるんだ、と、ほんと思うわ。

最後は、セージリーフの煙で浄化。

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です