直感の通り道

今日は、元アサヒビールでマーケティングを専門に活躍し独立された、『マイストーリーマーケッター』のやまだあきこさんと、「一緒に仕事しよー!」と言って集まりました。

人間は、環境を変えると集中力が増し、仕事が捗る!というあきこさんの提言で、広い個室をとって、ワイファイ環境もある、電源もある、ふたりともコンピューターを持って、「さてどれだけ仕事進むかしら!?」と思っていたら、「お久しぶりー!」と再会を味わったのち、ひたすらに(真剣に)「軽さと重さ」についておしゃべりしまくり。。。3時間半が過ぎていったという(笑)

でも、いいんです。
なぜならおしゃべりは、「ブレスト」といって、まとまっていない思考やアイデアを、整理する役割をもっているから。

あきこさんは、聞き上手。
わたしは、話し上手(なんて言いかたあるのかしら、笑)

ひたすらに頭の中を四方八方から走り回って、考えてること・感じていることを、口に出します。
そうして脳内から外にいっぱい出す出す出す。

すると、おのずと「気づき」が起こるんです。
「直感の通り道」のようなものができる感覚?
そこになにかがスーッと運ばれ、大切な気づきが起こるんですね。

・・・

わたしは前々から、排泄と気づきフェチを自覚しているんですが(笑)
「出す」という作業が、ものすごく気持ちがいい。

そして「通る」「気づく」は、もっと深く気持ちがいいんですね。

これ、わかるー!という方、いるんじゃないかな?

以前、ニュースレターでも書いたけれど、わたし、排泄は本来、快楽だと思ってます(笑)
人間の生命活動は、かならずや、「快」の感覚から、続くようになっているんです。

(と、排泄についてはつい熱くなりますが、今は置いておいて。。。。)

ちなみに、当たり前だけど何かが通るためには、通り道がある必要がありますよね。

家の窓みたいなもので、窓はついているけど、障害物やこびりついた汚れが多すぎて開けられないとか、通る道がないっていうのが、多くの人の身体と意識の状態です。

まずは、身体
その後、意識

この順番で、障害物をどかし、汚れを減らしていきましょう。

そうして綺麗になる頃には、あなたに必要な「何かが通る」ようにかならずなります。

「通ってる」は、清々しく、軽やかな空気を放ってます。
「通ってない」は、重く、グレーな空気に沈んでいます。

この重くグレーな空気が、もう、限界量に達しています。

なのでみなさん、軽くなりましょう!

なお、これは地球の要望です。
具体策は、わたしの担当です♡

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です