【マレーシア一人旅_01_クアラルンプール〜クアラプルリス】

空港で宏さんと別れたあと、KLIAトランジットという電車に乗って、一人旅がスタート。

セントラルエリアの手前、TBSバスターミナルへ向かう。
港町クアラプルリス(Kuala Perlis)まで高速バスで行く。

着いたバスターミナルは、大きく、わかりやすく、そして清潔だった。

今来る!これ乗る!的にバスに飛び乗ったので、写真を撮り忘れてしまったけれど
前回わたしがマレーシアを旅した2009年(ティオマン島という離島に、この時も3週間ほど旅をしたのかな)
予約システムもなく、蒸し暑く、いろんなにおいがし、人がごった返しし、結局高速バスチケットが売り切れで取れず、ローカルバスに乗ることになったあの旅の記憶から、、、
ずいぶん時間が経ったんだなぁ。

車内は、スリランカもそうだったけど、妙に派手な、ナイトクラブ風の内装。

そこに運転手さん好みのご当地演歌的な歌謡曲が、流れたり流れなかったりしながら

モクモクとした雲からのスコールと、その雨で豊かに茂る緑の中を走る、8時間半の長旅。

座席は思った以上に心地よく、機内滞在6時間〜キャンセル〜深夜便と、疲れた身体はこれでもかと眠りに眠り、
五感を取り戻した身体で降り立った港町クアラプルリスの、むわっとした水と魚のにおいを鼻いっぱい吸って、旅の始まりを、ようやく感じた。

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です