「純粋」に 戻れる時間

旅に出ると、いろんなことが、どーでもよくなる。

いかに普段、無駄に、細かく、人の目を気にしてたり、カッコつけてたりするのかに気づく。

わたしたちが滞在していた宿のオーナーのGeeも言ってた。
「ここには誰も、えみを知ってる人がいないからね」

旅の恥はかき捨てって言うけど、恥とすら感じない「純粋」に、戻れる時間が、旅にはあるよね。

ちょっとでも力を入れてなきゃ保てないものは、全部手放してしまえるといいと思う。

無意識にも自分の外側を意識して、頑張ってるってことだから。

世界どこにいっても、誰の前でも、前じゃなくても、どうしてもやめられない、こう在りたいというものは、何があっても譲っちゃいけない。

それはホントの自分自身だから。

わたしにとって旅は、物事の要・不要を、クッキリハッキリさせる役割がある。

写真:クアラプルリスの祈りの時間。

ムスリムの国のモスクとコーランが好き。

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です