欲求は、それ自体が「生命力」だよ♡

八ヶ岳から、おはようございます♪

朝食に、自然に栽培されたケールとバナナのスムージー(氷なし)、ミントティー(蜂蜜入り)、
そして、可愛くて甘い苺たちをいただきました。

そういえば昨日もおとといも、食事の量は少なめ。

 

摘んですぐの葉や実、長い間をかけた湧き水といった、生命エネルギーいっぱいの食材を口にしているからか
(与えられるプラスの力が増してる)

東京で過ごすよりもはるかに、情報処理や人の対処に費やされるエネルギーがないからか
(奪われるマイナスの力が少ない)

おそらくは、両方かな。

 

こうして変化があるとよくわかるのだけれど
「食欲」というのは本当に、大切なバロメーター。

身体はいつだって、その日、その場所、その環境で、精一杯に命を生かし、繋げようとしている。

食欲は、そのために必要な「エネルギー」を確保すべく、「食べて!」と意識を促すサインに他ならない。

必要だから「欲する」のであって、「欲する」ことを封じてしまったら、身体はもっともっと!と叫ぶようになるか、諦めてその声を潜めてしまう。

こうして「単に欲している」だけだったものが、「問題」や「病気」に変わってしまう。

 

だから、これ食べちゃいけない、あれ食べちゃいけない、という食の方法は
本当の意味では偽物だよね。

「なぜそれを、それほどに欲するのだろう?」という問いがあってはじめて
その身体の「声」や「悲痛な叫び」は発した意味を全うする。

そして
「そもそも、その生き方、その環境は、本当の意味で命を生かし、繋げることになってる?」という問いに
目を向けていけるといいよね。

 

欲求は、それ自体が「生命力」。

「生かし方」をトレーニングする必要はあれど、何も欲さず、何も訴えない人になる必要はないし、なってはいけないのだと思う。

 

 

菅原宏×菅原笑美子リトリート

7/24-26「命の洗濯@八ヶ岳2018」

詳細&お申し込みはこちらから↓

https://hxe.hiroshisugawara.com/2506

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です