【マレーシア〜タイ旅_09_リペ島12日目】

そうしてスリランカ旅を終え、無事の報告を兼ねてエネルギー治療に行ったら、先生は言った「ご縁ってあるよね」

なるほどなーと思った。

身体はもちろん間違えない。

でも、身体を超える、出会いってあるんだね。
限界を超えて、叶えたいことってある。

それを魂と呼ぶんだと思う。

身体を超える魂の縁。
健康を超える、命の目的。


身体は、できるか、できないか、
魂は、やるか、やらないか。

受動の間は本当の力は発揮されない。

わたしはそれをやるんだ
わたしがそれを選んだんだ、と
能動の力で意図して初めて、宇宙はその意図を採択し、現実化させる。


宇宙へのサインが、
「意図」だっていうのはそういうことだと思う。

ただ意図すれば叶うんじゃない、
みずから意図しなくちゃ(受け身じゃ)、
絶対に叶わないっていう意味。

去年のスリランカ旅は
与えられた身体で、受け身でいることに甘んじていた自分を
崩壊させる旅になった。

その後、3年携わっていた仕事から解雇を受けた。

図らずも早めに開けた目の前に
どんな世界を作っていくのか?

それを感じたくて、ここ(リペ)にきた。

海と太陽

わたしたちを生み育てる原点に
還ってみようと思った。

自分の力で生きようと思ったら
できる(やる)ことはそう多くない、というのが、私の実感。

発端は意図でも、実行するのは身体。
(身体が飛行機に乗らなきゃスリランカに行けない!)

やりたいことを身体に伝え、できるようにトレーニングする。

その舵取りは、脳(思考)じゃない。
むしろ思考を止めること。

それをスリランカで
アーユルヴェーダを通して理解した。

(続く。たぶん次が最後!)

 

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です