冷蔵庫のない暮らし

わたしがずっとしてみたかったことの1つに、【冷蔵庫のない暮らし】がある。

2011年の原発事故のとき、東京では「計画停電」とかいうのをやっていて

もともと蛍光灯が嫌いで、部屋中を一律に照らす照明もまったく置かない、キャンドルライフな我が家なのもあり

世の中があまりにも電気!電気!と騒ぐことを、「電気なんて少々なくたってなんとかなるじゃん」と思いながらも

いざ、自分の暮らしを見渡してみれば、家中に「電気コンセント」があって

そこに繋がれているたくさんの電気コードを、やっぱり抜くことができない暮らしがあって

しばらく眺めるうちに

「そっか、電気コードに繋がれているのは、電化製品のようでいて、実は、その電化製品がなくては生きていけない(と思っている)わたし自身なんだ」と気がつくことになって

なくてもいい電化製品をひとつずつ減らし、便利がもたらす非力?から少しずつ自分の力で生きる、なんてことを、してきた9年だったんだけど

その中でもなんとなくずっとコンセントを抜けなかったものが【冷蔵庫】だったんだ。

今、9年前のわたしと違うのは、冷蔵庫や電化製品を「悪者!」と見ることがなくなったことで(笑)

電気や電化製品が、生活を便利に楽にする、人の作った優しさであることを、十分に理解と感謝をしながらも

冷蔵庫のない暮らしってどんなんだろう?という興味が、密かに、ずっとあって(笑)

それは、冷やして保存するということがないことによって、人間本来が自然と行う食事の感覚を、戻り感じられるんじゃないか?という「食」の興味でもあって

いつか、やってみたい、小さな夢になっていた(笑)

今回、群馬・中之条で借りたお家は、取り急ぎ、2ヶ月という短期で

しかもちょうど11月と、寒くなってくる季節

これは、トライするのに絶好のチャンス!ということで、

今、冷蔵庫のない暮らしを始めて、7日目。

写真は、豚ヒレ肉の塩麹漬け。

ニュースレターのご案内

モデル&自然療法家の菅原笑美子です

「暮らし」を見直すエピソードをニュースレターで配信中。最新の情報や、ちょっと公開しづらいような、内緒のお話もまじえながら不定期でお届けしています。興味がある方はぜひご登録くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です